2014年8月のイメージ画像
ホーム > ブログ > 2014年8月

2014年8月

夏休み その二

休みはあっという間に過ぎるもので、有効に使わなければ。

 

釜石駅

no title
 
こんなオブジェができていた。
 
昔は新日鉄釜石はラグビーが強かったのだ!
 
no title
 
しょっちゅう遊んでいた川。魚やら小エビやらとれるのだ。
 
 
 
no title
 
ここもよく遊びに来ていた荒神神社。
 
no title
 
この鳥居をくぐり、山に入って遊んでいたのが
 
高速道路ができるので山がすっかり削られて明るくなってる。
 
なんだか寂しいものです。
 
no title
 
家のそばもご覧の通り。
 
見た目が変わっちゃうなぁ…。ここの山は毎日鹿が餌を食べに下りてくるので少し可哀そうです。
 
こんなに削られていても鹿が下りてきていた。
 
no title
 
帰ったらすぐゆきっちゃんを移動できるように、父親が段ボールで寝床を作ってくれていた。
 
no title
 
しばらくは警戒して寝袋から出てこなかったが、慣れたら、この通り。
 
これがいつもの寝すがたです。のび~~。
 
no title
 
体半分だして、ご飯食べてるという・・・
 
出ようよ・・・ゆきっちゃん・・・
 
no title
 
初めての畳の上で警戒中
 
no title
 
 
no title
 
あとは恒例の姪っ子の髪を切ります。
 
だいぶ伸びてますね。
 
no title
 
とりあえず結べる長さに・・
 
no title
 
今回は思い切って切ってみようかという事になり、
 
no title
 
もっかい切りなおします。
 
初めての短さですが、喜んでくれました。
 
no title
 
毛が多いので2人分はあるんじゃないかと・・・・
 
no title
 
老犬のももちゃん。
 
no title
 
耳の色が違うのがかわいいです。
 
no title
 
 
no title
 
家の裏はこじんまりした庭があるのですが
 
ジャングルのようです。
 
昔はイチジクの木があったのですが、今はキュウイに変わりました。
 
 
no title
 
たくさんとれて美味しいです。
 
no title
 
最近よく来る猫ちゃん。かわいい~~
 
ご飯をあげてしまうので、昔から野良猫が居ついてしまうのだ。
 
no title
 
植物と動物好きな両親なのです。
 
自分も受け継いでしまいましたが・・・
 
 
新華園支店にて、ひさびさの釜石ラーメンを!!
 
小さい頃から行っていた本店は津波の被害にあってしまった。(今は本店も復活しています)
 
no title
 
20年ぶりぐらに食べれて懐かしい・・・
 
あっさり醤油味。
 
no title
 
あとは花火したり、家族でのんびりと過ごしました。よい夏休みでした。
no title
 
帰りの新幹線では母の手作りのご飯を頂きました。
 
no title
 
うまい!
 
no title
 
田舎はいいなぁ・・齋藤でした。





iPhoneから送信

パラセーリング

1408788979689.jpg

パラセーリング 

 

本当に空を飛んでいる そんな感じで

 

きれいな海の景色が よりよかったです

 

最高の思い出です 中町でした

地元の名店。

 

こんばんちわ┏O

夏も終わり、本格的にダイエットしてやろうと目論み中の安島です┏O

 

 

夏バテをすると食欲がなくなるとか、、、

3食きっちりお腹が減るのでぼくは当てはまらないのだろう。

 

てことで、ぼくの地元の隠れた名店紹介!

隠れすぎて地元でも一部の地域でしか知られていない隠れ家っていうか、もはや隠れてる。

 

その名も「忠豊」

ぼくのおすすめは写真の野菜炒め定食!

 

お店で食べる野菜炒め定食でこれを超えるのはいまだにありません。

そして普通でこの量。

毎回残します。ごめんなさい。

飽きのこない味なんですが、お腹の限界がきます。

今回もご飯しか食べきれなかったです。おしんこさえ残しました_| ̄|○

 

ちなみにどのメニューもすんごい量です。かた焼きそばとか1人前でパーティーサイズです(笑)

 

よければぜひ┏O

 

 

 

 

|д゚)ノシ

 

 

|彡 サッ

 

熱海

熱海

どうもこんにちはー!


アシスタントのいっしーです(^-^)


夏休みに、熱海の花火大会に行ってきました!


ここ最近ずーっと、西武遊園地の花火を遠くからしか見てなかったので、すっごいキレイで衝撃をうけました(゜ロ゜)!
写真だとわかりにくいと思いますが、最後なんて鳥肌が立つぐらいすごかったです!!!

毎年見に行きたくなりましたー(´・д・`)

夏休み その壱 岩手山へ

いや〜〜待ちに待った夏休み。
 
片道5時間半の長旅。
 
荷物とゆきっちゃんを持っての移動。
 
朝の6時台の電車に乗るわけですが、お盆明けで通常に戻りラッシュで
 
混んでるだろう。うーーん、不安・・・・
 
満員電車が苦手でしかも中央線。立川から新宿の間にやっぱり気分が悪く
 
なってしまった。ラッシュの中、無理矢理座りこんでしまった。すいません〜〜。
 
そんなこんなで東京駅に到着。ゆきっちゃんも暑さには弱いので、
 
保冷剤をいれたり気をつかう。新幹線に乗り込めば涼しいので助かる。
 
no title
 
 
東京〜新花巻。釜石線に乗り換え、小佐野まで。
 
小佐野駅。味があります。
 
一年ぶりの実家だ!!うれしい!!
 
no title
 
明日の岩手山のためにレンタカーを借りに。
 
no title
 
帰った日の夜は必ず焼き肉です。
 
no title
 
すこし早めに就寝。明日も早いぞ。
 
岩手山まで2時間半かかるので、3時半出発。
 
母親も早起きしてくれて、おにぎりにぎってくれて
 
見送ってくれた。
 
行きも帰りも姉の運転。ありがとうございます。
 
登山口まで一直線。
 
no title
 
水場のある所からスタート
 
no title
 
no title
 
残念な事に天気が悪く、雨がふっている。
 
 
no title
 
1合目
 
no title
 
今日は姉も一緒なので無理はできない。
 
様子見で進んででみる。
 
土砂降りになったり止んだりの繰り返し。
 
今日は一般ルートの馬返しから。(去年と同じルートで)
 
岩が多いので滑らないように。
 
初めての植物が見れた。かわいい〜
 
no title
 
no title
 
no title
 
天気が悪すぎて4合目で撤退を決定。
 
3合目にベンチがあったのでお昼食べて帰ろう。
 
味噌汁がしみるなぁ〜〜、
 
no title
 
おねえ頑張れ!
 
no title
 
no title
 
登頂出来なかったですが、楽しかったです。
 
姉も楽しかった様子。
 
no title
 
あぁ岩手山が雲の中。
 
no title
 
帰りは温泉でしょ〜〜
 
網張温泉。
 
ネックレスを外し忘れてそのまま入ったら
 
真っ黒に変色してしまった。
 
今まで硫黄の温泉には何度も入っているが
 
こんなになったのは初めてです。
 
効いてる感じがしますね〜〜
 
no title
 
帰りは姉の希望で盛岡駅によることに。
 
お土産を買いつつ、冷麺が食べたいと言うことで
 
元祖冷麺のお店へ。盛楼閣。
 
17年前の専門学校時代、一度だけ姉に連れてきてもらったのだ。
 
わくわく〜〜
 
 
 
no title
 
うんめ〜〜〜
 
no title
 
なんとかぎりぎりで間に合い、レンタカーも返すことができた。
 
楽しい1日でした。休みも残り3日!!
 
 

想像以上に・・・・

1408788931065.jpg

夏休みに 3泊4日で 

 

沖縄に行って来ました 

 

想像以上に 海がきれいで 

 

感動の毎日でした ここは日本であって 

 

日本じゃないです 中町でした

 

デザイン

 

こんばんちわ┏O

夏でもらーめん!安島です┏O

 

 

さて、デザインって美容師にはきってもきれない大事な能力の一つと思います。

無駄を無くしたデザイン。無駄をあえて作るデザイン。左右を非対称にしたり、2セクションに分けてみたりとカットだけでも無数にデザインと組み合わせがあります。

そこにカラーや、パーマが加わると、もうそれはそれは、もう、ほんと、すごい。

 

 

髪の話はそれくらいにして、今回は見てもらいたい靴がございまして、そうです。デザインが凄まじい。ぶっとんでるのにすげえかっこいい(*´ェ`*)

 

  

 

正面の写真だと、どうやって履くの?ってなるくらいのデザイン!

横からの写真もなにも言われずに出されたらオシャレな「N」?ってなるくらいのデザイン!

 

いやー、履いてるところみたい!

そう思わせるデザイン!

しつこいですね。

 

 

では┏O

 

 

 

|д゚)ノシ

 

|彡 サッ

 

 

赤岳 リベンジにいったけれども~

12日の火曜日八ヶ岳の赤岳へいってきました。
 
去年はツアーに参加して赤岳に行ったのですが、天候不良で登頂できなかったので
 
リベンジに・・・。
 
ナビに連れてきてもらったわけですが、目的地の美濃戸口にある八ヶ岳山荘がみつか
 
らず30分同じところを、うろうろ。
 
おかしい・・・山地図で確認してみると・・
 
「全然違うじゃん・・・」
 
信用ならないなぁ・・。だいぶタイムロスしてしまった。
 
目的地につくとものすごい雨がふってきた。
 
あーーテンションさがったぞ。
 
中止にするか迷いながらも体は準備を始めています。
 
とりあえず途中にある行者小屋までいってみて、判断しようか。
 
 
しょっぱなからカッパを着てのスタート。
 
予定よりも1時間も遅い出発となってしまった。
 
no title
 
no title
 
南沢から
 
no title
 
沢沿いを行きます。晴れていれば爽やかで気持ちがいいのに・・・
 
今日の降り方だと帰りは増水するかもな・・・
 
 
no title
 
道に迷わないように~~
 
まっすぐいきたくなりますが右です。
 
黄色いテープを見落とさないように!!
 
 
no title
 
行者小屋
 
no title
 
山でこんなに降られたのは初めてだなぁ・・
 
こんな雨の中登山客が多いです。
 
お盆だから??
 
トイレ休憩をして、この先進むか決めます。
 
う~~ん、どうしよ。
 
この先は自分が苦手な高度感のある所がでてくるので、とても不安だ。
 
そこまで行って足がすくんじゃったら下山しよう。
 
いよいよ。地蔵尾根から行きます。
 
no title
 
うっ。こわいよ~~。
 
前にいる方が手こずってる様子。
 
雨がふっているので余計に怖いです。
 
 
no title
 
自分も手こずります。こわいよ、こわいよ~~
 
 
 
no title
 
三点確保しながら慎重にすすむ。
 
下で人が待っていたらプレッシャーだなぁ。誰もいなくてよかった。
 
no title
 
地蔵の頭
 
no title
 
前回はここまでで、下山したのだ。
 
こっからは未知の領域
 
楽しみだぁ。
 
no title
 
あと少しかな
 
no title
 
山頂付近も雨水がすごい。
 
さすがに、この土砂降りでl長時間歩いていると、靴の中まで濡れてくるんだな、・・・ぐっしょり。
 
 
no title
 
最後の難関。こわいよ~~。
 
no title
 
登りきると、頂上が見える~~
 
てっぺんに小屋が建ってるのね。すごいな。
 
 
no title
 
やった!!ついた!!
 
赤岳 2899m
 
no title
 
残念ながらまったく何も見えないが、満たされています。
 
no title
 
かわいい高山植物が見れました。
 
 
no title
 
 
no title
 
no title
 
気温が低かったせいか、あまり疲労感なく登ることができた。
 
しかし手首や首回りから雨がはいってしまい、衣類が濡れてしまった。
 
へたしたら低体温症になりかねない。
 
課題が残る日になった。
 
しかも普通のカメラで撮っていたので、中に水が入ってしまい電源がつかなくなって
 
しまった・・・・・残念。
 
さて、寒いので帰りましょうか。
 
気を抜かずに下りましょう。
 
no title
 
帰りは文三郎尾根から。
 
no title
 
 
結局、雨はずーと降りっぱなしだった。
 
やはり沢沿いは増水していて、浸からないと渡れない状況になっていた。
 
今度は天気のいい時にこよう!!
 
帰りは小淵沢にある「延命の湯]へ
 
no title
 
冷えた体が温まります。気持ちいですなぁ。
 
防水カメラ欲しいな・・・・・齋藤でした。
 
 
 
 
 
 
 
 


iPhoneから送信

おすすめ

昨日 夕食のご飯を

 

 白米に麦を混ぜて 

 

焚いてみました いやーこれはいい 

 

たまにはいいかも・・・・・・・・

 

食感と見た目が違います 

 

お勧めです

 

日本人でよかった  中町でした

誰?

こんばんちわ┏O
 
朝はご飯派の安島です┏Oミソシルモスキデス
 
 
 
先日の出来事。
 
 
とてもチャラそうなワカメヘアーの男の子に話しかけられた。
 
 
 
?「アジマくんですよね?」
 
 
ぼく「…そ、そうだけど」
 
 
「久しぶりっす!わかります?」
 
 
{44AD4E6F-7960-4436-AE98-98C63C65F655:01}

 
 
 
 
 
…やばい。まっっったくわからない。
 
 
「…えーっと?ちょっとわからない」
 
ほんとはちょっとじゃない。
全くだ。
 
 
 
「まじっすか!ぼくですよ!○○ですよ!」
 
 
{97197A4A-B038-4332-86A5-993D7414BA54:01}
 
 
…いや、名前を聞いてもわからない…
 
二つ下の後輩みたいだ。
 
こんなワカメヘアーの後輩なんていたっけか?
 
 
 
仕方ない。
 
ここは正直に言おう。
 
 
 
「ごめん。誰だかわからない」
 
 
 
「ちょ、ちょっとまじっすかー!えーと、あれっす!○○の妹と付き合ってた○○っすよー(汗)」 
 
ちょっと泣きそうな顔してたが…
 
 
 
 
 
 
…そんな情報でわかるわけ…
 
 
 
 
あ!
なんか思い出した!
昔、会ったかも!
 
 
 
その時も
 
?「後輩の○○っす!どーも!」
 
 
ぼく「ごめん。誰?」

 

って言ったわ。
 
 
 
 
 
そんなこんなで誰だかはっきりとわからないで、彼は悲しそうに帰って行きました。
 
 
 
 
 
ぼくがちゃんと憶えていないのが良くないのですが、ぼくはコミュニケーションをしっかりとった人は大抵憶えている。
 
しっかりと言っても
挨拶をよく交わしたとかその程度で憶えている。
 
 
 
逆に挨拶もしないし、あまり話もしていない人は本当に憶えていない。
 
 
 
彼は同じ部活で後輩だったそうだ。
 
よくよく振り返ると
学生特有のいきがってちゃんと挨拶とかできないグループがいたのを思い出した。
 
多分そのグループの一人にいた。ような気がする。
 
 
 
ぼくは基本自分から挨拶するが、後輩が声の届かない場所にいる時には自分からすすんでまで挨拶をしにはいかない。
 
上下関係もあるが、そうやって生活してきたから、そうしてきた。
そして挨拶の大切さはよくわかっている。
暗い顔や、元気のない声で挨拶を何回されても憶えていないかもしれない。
 
 
だからか、声をかけてくれたのに知らない人がたまーに居る。
 
そのたまーにが先日の事だった。
 
 
 
なんかぼくの知ってる同級生の名前とか言ってたけど、それで分かってもね。
おまけ付きみたいな記憶で分かってもね。
お互い残念な再会でした。
 
 
 
 
これからも気をつけよう。
 
 
 
 
 
 
 
あ、でもこれでさすがにちょっと憶えた(笑)
ワカメヘアーを変えない限り(笑)
 
 
 
 
 
 
 
|д゚)ノシ
 
 
|彡 サッ
 
 
1  2